2018年6月18日月曜日

本日の地震:受診につきまして

本日大阪北部を震源とする大きな地震があり、公共交通機関が運転を見合わせるなど、市民生活に大きな影響が出ております。

受診につきまして本日以降の予約は、薬に余裕がありましたら変更させていただきますのでどうぞ連絡下さい。電話も本日はつながりにくくなっておりますので、不通の場合などはメールをご利用ください。(koidenaikashinkeika☆axel.ocn.ne.jp ☆を@に変更してご使用ください。)

まだ余震もありうる状況ですので、まずは皆さまの安全を優先し行動してください。

2018年6月13日水曜日

雑誌CLINICIANに「失神とてんかん発作の鑑別のポイント」が掲載されました。

エーザイ(㈱)が発行している医師向けの雑誌”CLINICIAN”に、「失神とてんかん発作の鑑別のポイント」という文章を書かせていただきました。インターネットからPDFファイルでダウンロード可能ですので、どうぞご覧ください。兼子先生が表紙に登場されています。


CLINICIAN no.665 vol.65




2018年6月1日金曜日

講演告知&著書の販売について

小出の講演につきまして、告知があれば…というお話がありましたので、直近のものだけはできるだけ告知させていただこうかと思います(ただ多忙につき、抜けてしまうことの方が多いかと思いますが・・・・)

6月7日19時から、淀川キリスト教病院にて「淀川てんかんセミナー」という医師向けの講演を行います。「てんかんの診断と治療」というタイトルになっておりますが、当日聴衆として参加される先生方は一般内科、小児科、神経内科、脳神経外科、産婦人科と様々な先生がお越しになるとおうかがいしております。対象の方のてんかんに対する興味や関心も様々であろうと思われますので、私の考える原則のようなものをお話することになろうかと思います。興味をお持ちの医療関係者の方はどうぞお越しください。

最近出版社の方とお話することがありましたが、拙編著「はじめてのてんかん・けいれん診療」は「堅調に」売れているそうです(笑)当院受付でも販売しておりますので、てんかんについて一般的な知識を得たい、という患者さんやご家族はぜひご購入ください。






2018年5月30日水曜日

「日本臨床」に総説を書きました

日ごろ講演活動などをさせていただく際に、一番よくお話をするのがてんかん診療における問診の重要性なのですが、それをまとめたものを雑誌「日本臨床」に書かせていただきました。書店などでお目に留まることがありましたらどうぞご覧下さい。


2018年5月26日土曜日

群馬県に初上陸

昨日5月25日、群馬県前橋市で講演のご依頼をいただき、お話をしてきました。いつものように問診のお話を実演をまじえてさせていただきました。昼に大阪を出て、今朝大阪に戻ってきましたので、せっかく初上陸した群馬県の滞在時間は講演を入れてほんの2-3時間ほどになってしまいました。タクシーからみた前橋観音はきっと近くでみると大きいんでしょうね・・・「前橋観音の下絵は田中角栄元首相が持ってきたものらしいです」等々タクシーの運転手さんのガイドで少しだけ観光気分を味わうことができました。



2018年5月11日金曜日

てんかんを公表している著名人⑯ Lil Wayne,(rap star, 1982~)

皆さん、きちんと薬は飲んでおられますか?そして、夜はきちんと寝ていますか?十分な睡眠をとることは、発作を抑制するためには薬物治療にもまして重要です。特に若年ミオクロニーてんかんの方などは特に睡眠不足がてきめんに発作を起こしやすくする傾向があります。夜更かしをしたにもかかわらず朝に早起きをしなければならず、発作が・・・・というのはよくあります。

音楽業界にもてんかんがあることを公表している方はたくさんおられますが、Lil Wayneもその一人です。11歳で大手レーベルと契約し、若くしてグラミー賞を獲得するなど、現代を代表するRap/Hiphopアーティストの一人ですね。



彼は以前から何度もけいれん発作を起こして救急搬送されることを繰り返しており、中にはあまりに多忙なスケジュールや睡眠不足が発作の引き金になっていることを明らかにしています。ちゃんと寝て、ちゃんと食べるように医師からは忠告を受けているようです。医師が生活習慣を整えることの重要性について話すことは、どこの国でも同じなのですね。


2018年5月9日水曜日

講演に対する高評価ありがとうございます!

みなさまご無沙汰しております。3月24日にパープルデー大阪のイベントが終わって以来、燃え尽き症候群だと思うのですが、ずっとぼーっとしてしまっておりました。やっと最近になり切り替えて働けるようになっております(笑)

現在てんかんの初診外来は3か月程度お待ちいただいておりますので、受診をご検討の方はお薬に余裕があるうちにご連絡をいただければ幸いです。

現在も月に2回ぐらいはてんかんに関する講演をさせていただく機会があるのですが、主催者が各地の講演会でアンケートをとってくださっていたらしく、なんと小出の講演が全国の若手神経内科医師の講演でトップのご評価(他の先生に演者の講演を勧めたいかどうか?という質問に対する回答が多いほど評価が高い)をいただくことができました。神経内科全体でも3番?5番?だったかな?に選んでいただいております。

している話は毎度同じで「てんかんの診療には問診が重要だよ」というだけなのですが、興味を持っていただけたことは素直に嬉しいです。

昔働いていた病院で、研修医の先生からの投票で病院全体のベストティーチャーに選んでいただいたことがあり、これが人生で一番うれしい受賞だったと今でも思いますが、人に伝えたいことがあって、それを頑張って伝えたら喜んでもらえた、というのは私にとってものすごく大きなモティベーションです。今回高評価をいただけたことも明日からの励みになります。これからも頑張ります!

第16回 神経内科/小出内科神経科の小出泰道氏が1位(ミクスOnline)